BLOG TO THE DESTINATIONS

津軽半島(龍飛崎、龍泊ライン)

青森ICから陸奥湾を北上、津軽海峡を眺めながら龍飛崎、龍泊ラインを抜け、十三湖を経由して青森ICに戻るルートです。全長約180km。青森ICを降りて国道280号線に乗ると東側に陸奥湾をゆっくり眺める事ができます。道の駅たいらだてを過ぎたあたりから津軽海峡で、晴れていればとてもきれいな海を見ることができます。そのまま進むと津軽半島最北部の龍飛崎へ、龍飛崎灯台と風景に似合わない?巨大なアンテナ施設(トップの写真)と思われるものがあり、この風景のアンマッチ感も見どころです。日本海側を南下すると龍泊ラインに入ります。海と山を交互に望むワインディングは景色も良くウキウキしながら走りを楽しむことができます。龍泊ライン展望台からは海と山独り占めと言って良いほどの絶景が見られますので是非お立ち寄り下さい。

https://goo.gl/maps/SwitLqQ7bRT2

竜泊ライン

 

龍飛崎

中泊メバル膳

正式には「中泊メバルの刺身と煮付け膳」と言う様です

十三湖しじみラーメン

初夏の写真です。

関連記事一覧

PAGE TOP