BLOG TO THE DESTINATIONS

【徹底解説】八幡平アスピーテライン

一口でアスピーテラインと言いますが、実際は「八幡平アスピーテライン」と「八幡平樹海ライン」を総称してアスピーテラインと呼んでいる方が多い様な気がします。ここでは八幡平アスピーテラインの見どころをどこよりも詳しく解説します。

「八幡平アスピーテライン」は北東北を代表する山岳道路です。全体的にゆるやかな傾斜のワインディングが続き、岩手山を望みながら爽快な走りを楽しむことができます。山頂部に広がるアオモリトドマツの原生林は下界とは異なる世界観を見せてくれます。また周辺観光地の「田沢湖」や「小岩井農場」もルートに加えるとより充実した観光になること間違いありません。

ルート全体

八幡平アスピーテライン全体 (松尾八幡平ビジターセンターから北緯40度ラインモニュメントまで 35.4km)
比較的ロングのコーナーが多く気持ちよく走れます。県境から少し秋田側に入ったあたりにタイトなコーナーがありますので、そこはスポーツドライブ、スポーツライドを楽しむことができます。

https://goo.gl/maps/wf9zZDgrN7s

八幡平樹海ライン全体 (松尾八幡平ビジターセンターから八幡平山頂レストハウスまで 26.8km)
タイトなコーナーが多く高低差も大きいため走りごたえのある道です。登りで入る事をおすすめします。

https://goo.gl/maps/W4UyPx5kez52

おすすめルート

おすすめルートは2パターンあります。

■奥羽山脈を横断して田沢湖に抜けるルート (観光向きのルートです。)

https://goo.gl/maps/CwdnRA8FnxT2

松尾八幡平IC → 松尾八幡平ビジターセンター → 源太岩 → 八幡平山頂レストハウス → 蒸ノ湯温泉 ふけの湯 → 山のはちみつ屋 → 田沢湖 → 小岩井農場 → 盛岡IC

■八幡平樹海ラインを登り八幡平アスピーテラインを下って松尾八幡平インターチェンジに戻るルート (走り屋向きのルートです。)

https://goo.gl/maps/nS2Jpob1wEs

松尾八幡平IC → 松尾八幡平ビジターセンター → 松川温泉 峡雲荘 → 涼風の滝 → 太古の息吹(やけど注意で閉鎖されています) → 藤七温泉 彩雲荘 → 八幡平山頂レストハウス → 源太岩 → 松尾八幡平IC

見どころ

春夏秋季節に応じた見どころがあるのが八幡平アスピーテラインの特徴になります。

秋:眺め続けたくなる一面の紅葉

藤七温泉 紅葉の野天風呂

ふけの湯野天風呂周辺

ふけの湯野天風呂周辺

山頂付近

松川地熱発電所

松川地熱発電所

夏:アオモリトドマツの間を颯爽と抜けるワインディング

山頂付近

大深沢展望台

源太岩

熊沼

涼風の滝

春:日本で一番長い「雪の回廊」
見返り峠から眺める岩手山

見返り峠から眺める岩手山

山頂レストハウスから眺める岩手山

山頂レストハウスから眺める岩手山

ドラゴンアイ 5月25日

ドラゴンアイ 6月2日

ドラゴンアイ 6月9日

雪の回廊 秋田側

雪の回廊 積雪最高地点

温泉

周辺に東北を代表する秘湯があるのも八幡平アスピーテラインの嬉しいところです。

岩手側

  • 松川温泉 松楓荘

秋田側

  • 御所掛温泉旅館

遊歩道

周辺の遊歩道も楽しみがいのあるものばかりです。

  • 八幡平山頂遊歩道
    山頂レストハウス前にある見返峠駐車場を起点にした散策路です。神秘的な大小の沼や湿原、周囲の山波を一望する事ができます。高山植物の宝庫でもあります。最近は春先の「ドラゴンアイ(鏡沼)」がインスタなどで有名になりましたね。
  • 後生掛温泉自然研究路
    後生掛温泉の駐車場がスタート地点です。1周約40分のコースで、温泉の源泉ににもなっている噴泥や泥火山を間近に見ることができます。足湯もあります。

冬期間は通行止めです。

八幡平アスピーテラインは冬期間は通行止めになります。秋であっても降雪が観測されれば朝夕は閉鎖されますので注意が必要です。

例年であれば11/4~翌年4/中までが冬季通行止めになります。

関連記事

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP